Topics

北海道IT推進協会 入澤会長インタビュー

北海道IT推進協会会長の入澤さんに、なぜ今メディアを立ち上げるのかそしてSNS広報に力を入れるのかについてお話を伺ってきました!

オープンデータを活用し、北海道の有志が新型コロナウイルスのまとめサイトを立ち上げ!!!

東京都がGitHubにコードを公開した、新型ウイルス情報サイト「北海道でも使おう!」と有志が立ち上がり、3月9日に北海道 新型コロナウイルスまとめサイトを立ち上げた。

北海道ITレポート2019が発表されました!

北海道IT推進協会は、2020年1月20日、北海道ITレポート2019を発表しました! 回答総数は201事業所と、道内に事業所を持つIT企業の23%が回答をしています。

〇〇techって何種類あるの?

IT企業や、新サービスを見ていると〇〇techとついた言葉を多く目にするようになってきました。ただ、、、数が多い(苦笑)どんな〇〇Techが今世の中にあるのか、文字の意味を調べてみました!

Recent Articles

株式会社インプル、リアル店舗を持つ事業者向け店舗DXソリューション「OneStack(ワンスタック)」のクローズドβ版の提供を開始

株式会社インプル(本社:札幌市中央区、代表取締役:西嶋 裕二)は、リアル店舗を持つ事業者向けDXソリューション「OneStack(ワンスタック)」のクローズドβ版を2021年6月7日 (月)より提供開始したと発表がありました。以下、プレスリリース原文です。 顧客接点創出をノーコード技術で実現する 社会的に非対面接点の重要性が高まる中で、実店舗を持つ事業者にとって、オンライン・オフライン双方の顧客接点の創出が課題となっています。また、デジタルシフトが求められる中、ノーコードでのシステム開発が注目されています。 ICT技術を活用し、顧客接点の創出とロイヤリティ向上を実現するため、リアル店舗を持つ事業者向けDXソリューション「OneStack(ワンスタック)」(以下「OneStack」)を開発・クローズドβ版の提供を開始いたしました。

地方でのエンジニア採用の難しさを解決?「複業/副業人材活躍の場」とは。

2025年の崖、DX推進とエンジニア確保育成 もしDXが進まなければ「2025年以降、最大で年間12兆円の経済損失が生じる可能性がある」との文言が記載された、『DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~』(以下、DXレポート)が、2018年9月に発表され、早くも3年目に突入しました。2025年まで残り4年。2020年12月には中間レポートとなる「DXレポート2」も発表されました。企業でのIT導入は、喫緊の課題でありIT産業では、案件の増加も多く見込めるのではないでしょうか。 ただ、私達が住む北海道では毎年北海道ITレポートでもお伝えをしている通り、64.4%もの企業が、「人材の確保・育成」に課題感を感じていると回答をしています。「エンジニアの確保・育成」という観点で、入澤会長はこう語ります。 ー入澤:エンジニアや、IT人材はどうしても賃金が高い傾向がありますよね。IT企業が採用するのであれば、給与レンジはさほど問題にならないと思います。しかし、他の業種の場合、その他の職種社員との賃金がどうしても合わないという事になってしまいます。例えば、北海道の企業は、小売やサービス業が多くサービスのユーザーと接点を多くもつ店員と、エンジニアの給料とでは差が大きくなってしまうのが現状です。僕は、そこを一丁目一番地に改善すべき点なのではないかと思っています。もちろん、できる企業と出来ない企業が出るのは当然なので、そういった場合に「複業/副業人材の活用」を視野に入れると良いのではないかと感じています。 複業/副業をすることで、どんな良い点が企業と個人にあるのか

札幌市にデジタル推進担当局ができた!!

今年1月。札幌市の秋元市長が「4月1日付で総務局の局長職としてデジタル推進担当局長(仮称)を新設する方針を固めた。」と、報道されたのは記憶に新しいことと思います。 ついに4月、デジタル推進担当局長に一橋基前経済観光局産業振興部長が就任されました。 「これからやるぞーーーー!」というタイミングではありますが、北海道IT推進協会としては、どんなことを行う予定なのか聞かなければいけない!早速、入澤会長とともに伺って来ました!! プロフィール ...

Open Network Lab HOKKAIDO 4th Batch プログラム参加募集中!!

今回は、Open network Lab Hokkaidoさんに取材に伺ってきました!!!なんと、現在第4回目のOpen Network Lab HOKKAIDO 4th Batch プログラムへの参加者、参加企業を募集しています。 そこで、前回のOpen Network Lab HOKKAIDO 3rd Batch を卒業されたHELTEQとFlyersの2社に、どのようなプロダクトを作り、起業をしたのか、プログラム中はどうだったのかな等をお伺いしていました!

新任編集長、ご挨拶の旅!!「株式会社メディア・マジック 越後さんへご挨拶!」

理事企業に、ご挨拶と行脚の旅に出ることにした第二弾!!SOC株式会社の朝倉社長からのご紹介で、株式会社メディア・マジックさんへご挨拶にお伺いしてきました!