会員インタビュー

新任編集長、ご挨拶の旅!!「株式会社メディア・マジック 越後さんへご挨拶!」

理事企業に、ご挨拶と行脚の旅に出ることにした第二弾!!SOC株式会社の朝倉社長からのご紹介で、株式会社メディア・マジックさんへご挨拶にお伺いしてきました!

株式会社12Grid様<会員企業インタビュー>

会員企業の株式会社12Grid様インタビューです。※本記事は協会HPに掲載されている、会員企業インタビューを転載しているものです。

BULB株式会社様<会員企業インタビュー>

会員企業のBULB株式会社様インタビューです。※本記事は協会HPに掲載されている、会員企業インタビューを転載しているものです。

株式会社グローバル・コミュニケーションズ様<会員企業インタビュー>

代表取締役 社長執行役員 笹谷様 ※本記事は協会HPに掲載されている、会員企業インタビューを転載しているものです。 まずは、デジタルペンの製品についてお伺いできますか? 私達はデジタルペンのソリューション、買い物支援業務をやっています。これは買い物代行なのですが、高齢者の方々との関わりの中で、病気をお持ちの方もいらっしゃいますし、孤独死に繋がる環境の方もいらっしゃいました。 そういった状況から、もっと高齢者に寄り添った事業はできないかと考え、始めたのが配食事業です。これもまだまだ改善していかなくてはならないのですが、ただ配食をするだけではなく、「見守り」という部分にもフォーカスしていかなくてはなりませんし、食事の支度などの生活支援が必要な方々もいらっしゃると思います。 私達が出来ることってなんだろうか?という「問い」を常に持ち続けて、実践を積み重ねている段階ですね。デジタルペンソリューションとしては、私達が展開している企業主導型保育事業にも関わっていまして、保育園向けの知育教材の開発も進めています。

株式会社インセンブル様<会員企業インタビュー>

会員企業の株式会社インセンブル様インタビューです。※本記事は協会HPに掲載されている、会員企業インタビューを転載しているものです。

株式会社イークラフトマン様<会員企業インタビュー>

会員企業の株式会社イークラフトマン様インタビューです。※本記事は協会HPに掲載されている、会員企業インタビューを転載しているものです。

Recent Articles

鈴木商会が進めるデジタル化

今日は札幌駅前に本社を構える、鈴木商会さんでデジタル化を推進させるための取り組みを取材しに来ました。IT子会社「EZOTEC」も1年半前に設立され、その取り組みのお話を聞きに行ってきました!!

<北海道IT推進協会>PC寄付事業 第三段レポート!北海道YMCA様

北海道IT推進協会のPC寄付事業、第三段のレポートが届きました! 第三段目は、公益財団法人 北海道YMCAさんです。

<北海道IT推進協会>PC寄付事業 第二段レポート!株式会社あしたの寺子屋様

北海道IT推進協会のPC寄付事業において、株式会社あしたの寺子屋へPCを寄付したとのレポートが有りました!

リユースPCのOS載せ換え、寄付を実施しました!

先日ご紹介をした、北海道IT推進協会が行うリユースPCの寄付事業。 着々と進んでいます!!! 恵庭市にあるハイテクノロジー専門学校にて、学生の授業の一環として、 WindowsパソコンをChromeOSに入れ替え作業を手伝っていただいたのでご紹介します!

リユースPCをChromeOSに乗せ換え、非営利団体へ寄付【北海道IT推進協会】

一般社団法人 北海道IT推進協会(事務局:北海道札幌市、会長 入澤 拓也、以下「当協会」)は、会員企業で使われなくなったパソコンを回収し、Chromebookとしてリユースし、子供の教育支援を行う非営利団体へ寄付する事業を開始いたします。 ■導入背景 当協会の会員企業では、毎年数百台ものPCがリース契約満了、WindowsOSのバージョンアップ対応等の理由で廃棄されています。これまでは、Windowsのライセンスの問題があり、寄付することができませんでしたが、Windowsパソコンを、Chromebookに変えるサービス「CloudReady」を活用し、Chromebookとして、再利用することで、ライセンスの問題を回避し、寄付をできるようになりました。  また、「CloudReady」を提供する、Neverware社が2020年12月に、Googleに買収されたことにより、今後ChromeOSの新しい更新やセキュリティアップデートが、CloudReadyにも適用され、安心してお使いいただけるようになりました。  GIGAスクールが始まり、ひとり1台PC時代が幕を開けましたが、家庭環境に応じて、自宅にPCの無い方や様々な事情で、IT教育を受けられない子供たちの教育格差の広まりが懸念されています。そこで、当協会では、子供のIT教育を支援し、未来のIT人材を増やし、北海道のIT産業全体の活性化、北海道Society5.0の実現に向けて、活動してまいります。  全国のGIGAスクールにおいて、大半はChromebookが配られております。Chromebookの学習コンテンツは今後ますます充実することも考えられ、また、Zoomでのオンライン授業や、Youtubeなどを通じた教育コンテンツの視聴などにも、Chromebookは問題なく活用できるため、本事業を通じて子供たちがITに触れる機会を拡げるとともに、教育機会の充実を図ります。 WindowsからChromeOSに変更後のPC