会員インタビュー

設立50周年を迎えられたHDC社のこれまでとこれから

今や当たり前に使われているパソコンですが、一般に普及され使えるようになったのはここ20年ほどの最近のことです。今日は、今年設立50周年を迎えられた、会員企業のHDC社の50周年とこれからについて、熊谷常務と、鏡取締役のお二人に話を伺ってきました。

新任編集長、ご挨拶の旅!!「株式会社メディア・マジック 越後さんへご挨拶!」

理事企業に、ご挨拶と行脚の旅に出ることにした第二弾!!SOC株式会社の朝倉社長からのご紹介で、株式会社メディア・マジックさんへご挨拶にお伺いしてきました!

株式会社12Grid様<会員企業インタビュー>

会員企業の株式会社12Grid様インタビューです。※本記事は協会HPに掲載されている、会員企業インタビューを転載しているものです。

BULB株式会社様<会員企業インタビュー>

会員企業のBULB株式会社様インタビューです。※本記事は協会HPに掲載されている、会員企業インタビューを転載しているものです。

株式会社グローバル・コミュニケーションズ様<会員企業インタビュー>

代表取締役 社長執行役員 笹谷様 ※本記事は協会HPに掲載されている、会員企業インタビューを転載しているものです。 まずは、デジタルペンの製品についてお伺いできますか? 私達はデジタルペンのソリューション、買い物支援業務をやっています。これは買い物代行なのですが、高齢者の方々との関わりの中で、病気をお持ちの方もいらっしゃいますし、孤独死に繋がる環境の方もいらっしゃいました。 そういった状況から、もっと高齢者に寄り添った事業はできないかと考え、始めたのが配食事業です。これもまだまだ改善していかなくてはならないのですが、ただ配食をするだけではなく、「見守り」という部分にもフォーカスしていかなくてはなりませんし、食事の支度などの生活支援が必要な方々もいらっしゃると思います。 私達が出来ることってなんだろうか?という「問い」を常に持ち続けて、実践を積み重ねている段階ですね。デジタルペンソリューションとしては、私達が展開している企業主導型保育事業にも関わっていまして、保育園向けの知育教材の開発も進めています。

株式会社インセンブル様<会員企業インタビュー>

会員企業の株式会社インセンブル様インタビューです。※本記事は協会HPに掲載されている、会員企業インタビューを転載しているものです。

Recent Articles

IT業界は観光にチャンスあり!!

公益財団法人北海道観光振興機構の会長に当協会会員の株式会社アイティ・コミュニケーションズの小金澤会長が就任したということで、早速取材に行って観光×ITの未来について聞いてきました。 --今回会長になられた経緯をお聞かせください。 小金澤:現在機構の会員が587社(関連団体含む)います。コロナになって2年くらい経つ中で、会員や役員の一部の皆さんから「機構はこのままでいいのか」という話題があちこちで出ていたらしいのですね。去年の末頃からwithコロナを見据えて、従前と違う発想でいろんなことに取り組んでいかないと観光業界大変なことになる。そもそも北海道にとって観光って他の都道府県と違う位置付けだろうと。GDPに締める割合って、圧倒的に違いますよね。だからこそ変えていかなければと。その変化の司令塔を従来通りの方たちに任せていいのかという議論が起きたそうです。その中で若手に任せようという動きがあり、小金澤のところは旅行業を持っているし、関係ないわけじゃないので、候補に名前が挙がったそうなのです。 --IT業界からの参加ということで、これから変えていくのを期待されているのですね。 IT目線で取り組みたいことはありますか?

コロナ下で広がる地方エンジニアのリモート派遣 営業活動を爆速させるツール「Skill-Repo」が札幌から誕生!

コロナ下でリモートワークが普及した昨今、道外の大手企業から札幌にエンジニアのリモート派遣依頼が増えています。札幌市中央区のアプリ開発企業インプル(西嶋裕二社長)では、増え続けるエンジニアの派遣依頼に対応するため、社内向けの業務ツールを開発。さらに今年6月からは、企業向けクラウド型サービス「Skill-Repo(スキルレポ)」として外部提供も始めました。

会長が行く!!建設会社が北海道IT推進協会に加入?! ~大真エンジニアリング株式会社~

初めまして。今回から「入澤会長が行く」シリーズの記者を務めますはるかです。今日は北海道IT推進協会の新入会員企業の大真エンジニアリング株式会社にお邪魔してきました! まず驚いたのが、建設会社とは思えない、IT化されたオフィス!例えば・・・・社員通用口は顔認証システム・自動で花壇に散水するシステム・アレクサに話しかけて動くエレベーター・自動で会社のライトアップ開始・カーテンが自動で開閉・モニターで監視カメラ、現場の状況等すべて管理・工事部の方も作業用モニター4面・スマートメーターのデータで電気使用量や工場の温度・湿度管理・床暖ボイラーは室温により自動ON/OFF 等オフィスの中のいたる所にITシステムが導入されていました。

SaaS比較サイトNo.1「BOXIL SaaS」を運営 スマートキャンプ社が札幌に精鋭部隊を置く理由

SaaS比較サイトNo.1「Boxil SaaS」を運営するスマートキャンプの北海道支社(札幌市中央区)にお邪魔し、最先端のSaaS業界についてお話をうかがいました。

外食産業の人材不足をロボットやITで解決!!

配膳の役割を担うロボット?、お客さんが自分のスマホで注文?飲食業界のデジタル化が進んでいます!人が行っていた役割をロボットが補うことで、人はどんな付加価値を提供できるようになるのでしょうか!お話を伺ってきました!