Mikketa!! 編集部

60 articles

コロナ下で広がる地方エンジニアのリモート派遣 営業活動を爆速させるツール「Skill-Repo」が札幌から誕生!

コロナ下でリモートワークが普及した昨今、道外の大手企業から札幌にエンジニアのリモート派遣依頼が増えています。札幌市中央区のアプリ開発企業インプル(西嶋裕二社長)では、増え続けるエンジニアの派遣依頼に対応するため、社内向けの業務ツールを開発。さらに今年6月からは、企業向けクラウド型サービス「Skill-Repo(スキルレポ)」として外部提供も始めました。

SaaS比較サイトNo.1「BOXIL SaaS」を運営 スマートキャンプ社が札幌に精鋭部隊を置く理由

SaaS比較サイトNo.1「Boxil SaaS」を運営するスマートキャンプの北海道支社(札幌市中央区)にお邪魔し、最先端のSaaS業界についてお話をうかがいました。

外食産業の人材不足をロボットやITで解決!!

配膳の役割を担うロボット?、お客さんが自分のスマホで注文?飲食業界のデジタル化が進んでいます!人が行っていた役割をロボットが補うことで、人はどんな付加価値を提供できるようになるのでしょうか!お話を伺ってきました!

オール北海道でデジタル地域通貨の普及等を目指す「QUALITY HOKKAIDO」

昨年11月、北海道の経済界で大きなニュースが報じられました。北海道全域へのデジタル地域通貨の普及とデータを活用したオープンイノベーションを目指す業界横断の団体で構成される「QUALITY HOKKAIDO一般社団法人」の設立です。設立から5ヶ月、現状はそしてこれから先目指すものは?お話をうかがいました!!

J-Startup HOKKAIDO 第3期スタートアップが採択!!(後編)

経済産業省北海道経済産業局、札幌市、さっぽろ産業振興財団が共同で、展開している「J-Startup HOKKAIDO」から、先日、第3期の選定が行われ、新たに7社のスタートアップが選出されたとの一報が!!! 今回は、後編!!7社のうちの4社を紹介します!

J-Startup HOKKAIDO 第3期スタートアップが採択!!(前編)

経済産業省北海道経済産業局、札幌市、さっぽろ産業振興財団が共同で、展開している「J-Startup HOKKAIDO」から、先日、第3期の選定が行われ、新たに7社のスタートアップが選出されたとの一報が!!! 北海道のIT情報を発見、発掘するメディアとして運営しているMikketaが取り上げないわけにはいかない!!!ということで、前後編にわけてJ-Startup HOKKAIDO 第3期採択企業を紹介していきます!! J-Startup HOKKAIDOとは? グローバルに活躍することが期待される地域に根差した有望なスタートアップ企業を選定し、公的機関と民間企業が連携して集中支援を実施することで、スタートアップ企業の飛躍的な成長を図るという取り組み。

新春特別講演会「eスポーツの可能性」

2022年1月19日、北海道IT推進協会では新春特別講演会を開催しました。 同講演会の中では、「eスポーツの可能性」と題し、一般社団法人北海道eスポーツ協会 理事、株式会社レバンガ北海道 代表取締役CEO 横田 陽 氏にご講演いただきました。 本記事では、横田氏に講演いただいた内容を掲載いたします。 皆さん、こんにちは。

北海道ITレポート2021が発表されました!

北海道IT推進協会、2022年1月20日に北海道ITレポート2021を発表しました! 回答総数は、212事業所となり北海道内でIT産業を営んでいる事業所の内、24%の事業所から有効回答を得た形となります。 例年同様、Mikketaでもほんの少しだけ、注目ポイントをお伝えしていきます!!! 業績概況 2020年度の北海道のIT産業の売上高は、4870億となり昨年度に比べて1.2%増加しています。また、2020年度で8年連続の4,000億円を超えてきた業績概況ですが、2021年度は調査開始依頼初となる5,000億円に達すると推計されています。