在宅勤務を原則とした社内制度の拡充(ビットスター社)

インターネットサービスを提供するビットスター株式会社(本社:札幌市、代表取締役:前田章博)は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に備え、2月18日から原則リモートワークに移行し、2月28日からは北海道の緊急事態宣言に基づき原則出社禁止とし対応を強化した旨、プレスリリースがありました。以下、プレスリリース原文です。

今後、事態の長期化が懸念されること、また約2か月間に及ぶ在宅を基本とした勤務体制を通して新しい働き方を社員に提示し、社員の働きやすさとお客様への今まで以上のサービス提供ができるように大きな基本方針を示しました。

基本方針
 ・自宅を事務所と同等で働きやすくするための準備金として一時金3万円支給
 ・自宅の通信費・光熱費として月5千円を全社員を対象として支給
 ・国の緊急事態宣言発令地域おいて、出勤・外出する社員に1勤務あたり3千円を支給
 ・希望する職員に外部モニター、椅子の無償貸与

また、オンライン前提の勤務の補助ツールにSlack、Zoom、SharePointなどのITシステムを積極導入し、遠隔での業務継続を補助しております。なお、当社事業所、データセンター等でしか行えない作業については、お客様に影響のない最低限の範囲に留め出社を認めております。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する当社対応についてはこちらをご覧ください。

当社は、職員の安全、安心、働きやすさを提供しながら、「ITで、こまったを、よかったに。」のミッションのもとお客様へのサービス提供を継続してまいります。

自宅事務所を前提とした手当の概要

名称       金額支給日対象拠点対象者
自宅事務所準備金3万円(一時金)2020年5月全拠点直接雇用する社員
自宅事務所手当 5千円(1ヶ月)2020年4月以降全拠点直接雇用する社員
感謝手当    3千円(1勤務)2020年4月7日以降緊急事態宣言発令地域直接雇用する社員

※現地対応のみを行う一部アルバイト社員については自宅事務所手当が支給されない場合があります。
※プレスリリースに掲載されている内容は発表時点の情報です。その後、予告せず変更となる場合があります。

人気記事

コープさっぽろがDXで目指すもの

すでに、沢山のシステムを有するコープさっぽろが、 DXに乗り出すきっかけと、 現状、そして目指す姿を お伝えしていきたいと思います!

新陽高校がDXで創り、得たモノ

5月某日、 協会長の入澤からこのような連絡が届きました。 「新陽高校のIT授業が、素晴らしくて、 感動した。多分、日本でも有数だと思う。 全員Chromebook持ってるらしい・・。」Mikketa!!取材に行ってまいりました!!!!

IT企業が、蜂蜜を作りクラフトビールに!

『恵和ビジネス社屋ビルの屋上で採取された蜂蜜を用いて作ったお酒、その名も「恵和ビル本社ビルの屋上で採れた蜂蜜ウィートエール」が完成』屋上で蜂蜜?それをビールに??不思議なプレスリリースを「みっけた!」ので 皆様にもご紹介をさせていただきます!

北海道IT推進協会 入澤会長インタビュー

北海道IT推進協会会長の入澤さんに、なぜ今メディアを立ち上げるのかそしてSNS広報に力を入れるのかについてお話を伺ってきました!

「バーチャル会社説明会」なるものに参加してみた!

4/21に開催された、インフィニットループ社のバーチャル会社説明会に参加させていただきました!!!

Related Stories