ホーム リリース 【MedTec】周産期遠隔医療システム「ましゅうっこプロジェクト」が弟子屈にて運用開始。

【MedTec】周産期遠隔医療システム「ましゅうっこプロジェクト」が弟子屈にて運用開始。

0

北海道大学病院は、産婦人科医がいない摩周厚生病院(北海道釧路管内弟子屈町)から産婦人科医のいる70km以上離れた釧路赤十字病院か網走厚生病院に胎児モニタリング情報を送信して共同で健診をする遠隔医療プロジェクトを開始し、2月18日より受診を開始した旨、発表がありました。

 IoT型胎児モニター「分娩監視装置iCTG」は、メロディ・インターナショナル株式会社(香川県高松市:代表取締役 尾形優子)が開発した、新しい周産期医療をサポートするデバイス。CTG(胎児心拍陣痛図)という、一般的にNSTと妊娠中のママの間で使われている単語の物と同義。今回のiCTGは、胎児の心拍と子宮収縮を記録するデバイスをより小さくコンパクトにし、いつでもどこでも母子の健康状態を把握できるようにしたもの。

 今回は同デバイスを、道内企業であるボーダレスビジョン株式会社が提供する医療用映像通信システム「キズナビジョン」と連携。産婦人科医のいない医療機関と、遠く離れた産婦人科医のいる医療機関を、遠隔医療システムでつなぐことにより、遠隔での妊婦検診が可能となる。

最初は、釧路や網走の病院に通っている、弟子屈町内に疾病のない妊婦を対象とし26週、30週、34週の妊婦検診で実施する。

すでに2020年2月に北海道庁、自治体と産婦人科非標榜医療機関が妊婦健診に関する契約を締結し、産学官連携での運用体制が整っており、産婦人科医のいない医療機関にて妊婦健診を実施した場合でも、遠隔妊婦健診の費用が当該医療機関に支払われる仕組みができているとの事。今後、遠隔妊婦健診に関わる費用が保険収載されるよう、日本産婦人科学会などと連携して国に働きかけることで、より恒久的に運用出来る仕組みを目指す。4月以降「どさんこプロジェクト」として、札幌医科大学、旭川医科大学と連携して全道へ拡大していくと共に、日本全国の同じ様な課題を抱える地域に拡げていく予定とのこと。

過疎化や、少子高齢化が進んでいる道内では、産婦人科医が少ないがために、出産を受け入れられない病院がでてくるなど、深刻な問題が起きている。
今回のこのサービスが全道へ拡大していけば、妊婦の負担が軽減されるのと同時に、医師の働き方改革にもつながるのではないだろうか。

Exit mobile version