<リリース>北海道文化放送とマクアケが業務提携

アタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」を運営する株式会社マクアケ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中山亮太郎、以下「マクアケ」)と、北海道文化放送株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:加藤雅規、以下「UHB」)は業務提携し、UHBが北海道内で放送している大型生情報番組「みんテレ」内にて「Makuake」実施中の北海道のプロジェクトを紹介するコーナーを設ける新しい取り組みを始めるとの旨、2月20日に発表されました。

「みんテレ」番組内に「Makuake」実施中の北海道内のプロジェクトを紹介するコーナー「みんテレ×Makuake 北海道発!アタラシイモノ応援プロジェクト」を新設し、10分前後の枠として月1回目程度を目安に放送するとの発表がありました。

コーナー内でのPRを希望する北海道のプロジェクト実行者を「Makuake」から「みんテレ」へ紹介し、番組側で取り上げるプロジェクトを決定後、実行者への取材を進め、その様子を放送。
番組を見て実行者を応援したい、その製品やサービスが欲しい、と思った視聴者は、「Makuake」のプロジェクトを応援購入し、サポーターとしてプロジェクトに参加することで、実行者の挑戦を後押しすることができるそう。
「Makuake」の応援購入総額のうち5%(※1)をPR費用としてUHBへ支払い、差し引いた金額を実行者が受け取ることができるそうです。これにより、実行者は通常スポンサー枠などに必要な固定費用をかけずに、「Makuake」の応援購入総額に応じた手数料を番組側へ支払うことで、テレビ番組でのPRが可能になる仕組みです。

なお、「Makuake」が既存のテレビ番組と連携してコーナー枠をもつのは今回が初めての取り組みとのこと。

(※1)料率は現段階のもので、今後変更になる可能性があるとのこと。

人気記事

コープさっぽろがDXで目指すもの

すでに、沢山のシステムを有するコープさっぽろが、 DXに乗り出すきっかけと、 現状、そして目指す姿を お伝えしていきたいと思います!

新陽高校がDXで創り、得たモノ

5月某日、 協会長の入澤からこのような連絡が届きました。 「新陽高校のIT授業が、素晴らしくて、 感動した。多分、日本でも有数だと思う。 全員Chromebook持ってるらしい・・。」Mikketa!!取材に行ってまいりました!!!!

IT企業が、蜂蜜を作りクラフトビールに!

『恵和ビジネス社屋ビルの屋上で採取された蜂蜜を用いて作ったお酒、その名も「恵和ビル本社ビルの屋上で採れた蜂蜜ウィートエール」が完成』屋上で蜂蜜?それをビールに??不思議なプレスリリースを「みっけた!」ので 皆様にもご紹介をさせていただきます!

北海道IT推進協会 入澤会長インタビュー

北海道IT推進協会会長の入澤さんに、なぜ今メディアを立ち上げるのかそしてSNS広報に力を入れるのかについてお話を伺ってきました!

「バーチャル会社説明会」なるものに参加してみた!

4/21に開催された、インフィニットループ社のバーチャル会社説明会に参加させていただきました!!!

Related Stories