J-Startup HOKKAIDO 第3期スタートアップが採択!!(前編)

経済産業省北海道経済産業局、札幌市、さっぽろ産業振興財団が共同で、展開している「J-Startup HOKKAIDO」から、先日、第3期の選定が行われ、新たに7社のスタートアップが選出されたとの一報が!!!

北海道のIT情報を発見、発掘するメディアとして運営しているMikketaが取り上げないわけにはいかない!!!ということで、前後編にわけてJ-Startup HOKKAIDO 第3期採択企業を紹介していきます!!

J-Startup HOKKAIDOとは?

グローバルに活躍することが期待される地域に根差した有望なスタートアップ企業を選定し、公的機関と民間企業が連携して集中支援を実施することで、スタートアップ企業の飛躍的な成長を図るという取り組み。

選定されるとどんなメリットがあるの?

・J-Startup HOKKAIDO特設ページでの企業PR

 ・J-Startup HOKKAIDOサポーターズによる各種支援

 ・経済産業省関連補助金等加点措置(戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)、

   JAPANブランド育成支援事業、IPAS(知財アクセラレーションプログラム)等)

・選定企業専用相談窓口の設置(STARTUP CITY SAPPOROに設置)

 ・イベント出展支援

 ・ピッチイベント、アクセラレータープログラムなどへの優先紹介

 ・事務局によるビジネスマッチング支援

 ・先輩起業家によるメンタリング 等

などなどの、手厚い支援を受けられるとのこと。う、、、、うらやましい。

第三期選定企業(全7社のうち前編3社)


株式会社岩⾕技研 (札幌市)

株式会社岩谷技研ホームページ

会社紹介

高高度ガス気球、並びに旅行用気密キャビンを設計/開発/製造し、気球による “NearSpaceからの宇宙旅行” を目指す、旅客技術開発会社です。岩谷技研が目指す NearSpaceからの宇宙旅行とは、単に地球の大気圏外に広がる空間(Space)に人を運ぶこと(Travel)ではなく、調和と秩序のとれた宇宙(Cosmos)へ行くことによって人々の意識や視野が広がる旅(Journey)を意図しています。

会社名  株式会社岩谷技研

本店所在地  北海道札幌市北区
       北16条西4丁目1-30

設立   2016年4月1日

資本金  3億108万円

代表者  岩谷圭介

従業員数 48名

URL   https://iwaya.biz

昨年、累計5.3億の資金調達を実施したプレスリリースを発表している岩谷技研。
2017年ごろ、某テレビ局にて研究内容が取り上げられていたことをおぼえていらっしゃる方もいらっしゃるのではないでしょうか?気球で宇宙旅行、ロケットよりも手軽にいけそうな気がしますよね。
今後の事業展開がとても気になります!!!


インターステラテクノロジズ株式会社 (⼤樹町)

インターステラテクノロジーズ株式会社 会社ホームページ

会社紹介

圧倒的に低価格で便利な宇宙輸送サービスにより宇宙へのインフラを構築し、誰もが宇宙に手が届く未来の実現を目指しています。

会社名   インターステラテクノロジズ株式会社

本店所在地  〒089-2113 北海道広尾郡大樹町字芽武690番地

本社事務所 〒089-2113 北海道広尾郡大樹町字芽武149番地7

東京支社 〒135-0016 東京都江東区東陽6-3-2 イースト21タワー6階

浦安工場 〒279-0002 千葉県浦安市北栄4丁目28-21

事業開始 2013年1月

資本金 9,500万円

役員 代表取締役 稲川貴大

事業内容 ロケットの開発・製造・打上げサービス

関連会社 Our Stars株式会社

会社HP https://www.istellartech.com/

こちらは、ご存じインターステラテクノロジーズ社。「え!まだ選ばれてなかったの!!」と驚いたのは私だけではないのではないでしょうか?ロケット打ち上げの旅に大きなニュースになると同時に、多くの方々が打ち上げを見るために、近くに集まっている様子や、ロケットに刻まれたいろんな企業の名前や人の名前が目に入ります。それだけ、たくさんの人の夢や想いをのせて、事業を進める様はまさにベンチャー企業ですよね!!

人気記事

札幌市教育委員会のGIGAスクール構想

札幌市教育委員会のGIGAスクール構想について、担当の方へインタビューをしてまいりました!児童・生徒1人1台PCがいよいよ来年に迫ってきています!札幌市では、どのように進んでいるのでしょうか?

コープさっぽろがDXで目指すもの

すでに、沢山のシステムを有するコープさっぽろが、 DXに乗り出すきっかけと、 現状、そして目指す姿を お伝えしていきたいと思います!

新陽高校がDXで創り、得たモノ

5月某日、 協会長の入澤からこのような連絡が届きました。 「新陽高校のIT授業が、素晴らしくて、 感動した。多分、日本でも有数だと思う。 全員Chromebook持ってるらしい・・。」Mikketa!!取材に行ってまいりました!!!!

札幌市にデジタル推進担当局ができた!!

今年1月。札幌市の秋元市長が「4月1日付で総務局の局長職としてデジタル推進担当局長(仮称)を新設する方針を固めた。」と、報道されたのは記憶に新しいことと思います。 ついに4月、デジタル推進担当局長に一橋基前経済観光局産業振興部長が就任されました。 「これからやるぞーーーー!」というタイミングではありますが、北海道IT推進協会としては、どんなことを行う予定なのか聞かなければいけない!早速、入澤会長とともに伺って来ました!! プロフィール ...

北海道の食のDX拠点「北海道みらいキッチンGOKAN」で食の提案の未来を感じてきた!

今回、取材にお伺いしたのは「アイビック食品」さん。ドレッシングやタレなどを作っている企業であるアイビック食品さんが、「北海道の食のDX拠点」なるものを作った!と聞き、お話を伺ってきました!

Related Stories