<北海道IT推進協会>PC寄付事業 第三段レポート!北海道YMCA様

(写真左、札幌YMCAチャイルドケアセンター統括ディレクター 木田 貴浩様
写真右、北海道IT推進協会 社会貢献特別委員会 佐々木委員長)

北海道IT推進協会のPC寄付事業、第三段のレポートが届きました!
第三段目は、公益財団法人 北海道YMCAさんです。

YMCAさんでは、Amazon Future Engineerというプログラムを実施しており、
この夏もプログラミングキャンプが企画されています。

※21.07.12現在、キャンセル待ちとのことです。

プログラミングキャンプでは、ドローンのプログラミングを行うカリキュラムがあり、同カリキュラム内でPCを活用するとの申し出があり、今回当該事業のパソコン寄付へと至ったとのことです。

Amazon Future Engineerでは、今後3年間でHTML+CSSによるテキストコーディングや動画編集・アニメ制作・アプリ開発などのカリキュラムを提供できるよう準備中で、2021年は全国で800人(内200人は困窮家庭など支援を実施)を目標にプログラムを企画・実施していく予定だそうです。

北海道IT推進協会の入澤会長は、「このような事業において、本事業が提供するパソコンを活用していただくことができ、非常にうれしく思います。」とコメントをしていました。


<北海道IT推進協会からのお知らせ>

PC寄付のご要望、また不要になったPCの寄付は、
北海道IT推進協会のホームページで、受け付けております。

https://www.hicta.or.jp/

引き続き皆様のご支援を、宜しくお願いします。

人気記事

札幌市教育委員会のGIGAスクール構想

札幌市教育委員会のGIGAスクール構想について、担当の方へインタビューをしてまいりました!児童・生徒1人1台PCがいよいよ来年に迫ってきています!札幌市では、どのように進んでいるのでしょうか?

コープさっぽろがDXで目指すもの

すでに、沢山のシステムを有するコープさっぽろが、 DXに乗り出すきっかけと、 現状、そして目指す姿を お伝えしていきたいと思います!

新陽高校がDXで創り、得たモノ

5月某日、 協会長の入澤からこのような連絡が届きました。 「新陽高校のIT授業が、素晴らしくて、 感動した。多分、日本でも有数だと思う。 全員Chromebook持ってるらしい・・。」Mikketa!!取材に行ってまいりました!!!!

IT企業が、蜂蜜を作りクラフトビールに!

『恵和ビジネス社屋ビルの屋上で採取された蜂蜜を用いて作ったお酒、その名も「恵和ビル本社ビルの屋上で採れた蜂蜜ウィートエール」が完成』屋上で蜂蜜?それをビールに??不思議なプレスリリースを「みっけた!」ので 皆様にもご紹介をさせていただきます!

北海道IT推進協会 入澤会長インタビュー

北海道IT推進協会会長の入澤さんに、なぜ今メディアを立ち上げるのかそしてSNS広報に力を入れるのかについてお話を伺ってきました!

Related Stories