初音ミク公式 VR テーマパーク『MIKU LAND β SNOW WORLD 2021』新エリア「スノードームイルミネーション」全容が公開されました!

株式会社バーチャルキャスト(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:松井健太郎)および株式会社Gugenka(本社:新潟県新潟市、代表取締役 CEO:三上昌史)は、両社が主催する「初音ミク」公式の VR テーマパーク『MIKU LAND β SNOW WORLD2021』(2 月 6 日・7 日開催)の全容を発表しました。

VR雪合戦、イルミネーションなどの新アトラクションやギミック豊富なバーチャルアイテムを多数用意

MIKU LAND』は、VR ライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」内にオープンする、バーチャル・シンガー「初音ミク」公式のVR アミューズメントパークです。昨夏初開催の『MIKU LAND GATE β』からさらにパワーアップした今回の『MIKU LAND β SNOWWORLD 2021』では、ついにその入り口(GATE)が開き、ランド内がオープンします。ランド内の新エリア「スノードームイルミネーション」(SNOW GLOBE ILLUMINATION)では、その名のとおり、スノードームの中で雪合戦や雪像・イルミネーションの鑑賞など様々な体験を楽しむことができます。VR 機器を所持しているユーザーは VR サービス「バーチャルキャスト」で、未所持のユーザーもスマホ AR アプリ「HoloModels」で、それぞれワールド内を体験することができます(入場料無料)。

公式ホームぺージ:https://mikuland.com/2021snow/

■「スノードームイルミネーション」の特徴

1.VR 雪合戦

本イベントで販売される新バーチャルアイテム「雪合戦グローブ」は、雪玉を作って投げられるギミックが仕込まれており、来場者はリアルさながらの雪合戦を VR 空間内で楽しむことができます。スノードームイルミネーション内の「雪合戦ステージ」には身を隠せる障害物などがセットされており、雪合戦をさらに盛り上げます。

2.スカイナイトウォーク

北海道の夜景をモチーフにした幻想的なスノードームの空間を、バーチャル空間ならではの演出で散策する、ウォークスルー型のアトラクションです。ひとりで静かにイルミネーションで彩られた景色を鑑賞したり、大切な誰かとロマンチックな空の旅を楽しめます。

3.グリーティング

スノードームイルミネーションの中央広場では、初音ミクや東雲めぐなどがランダムで登場し、来場者は憧れのキャラクターと一緒に写真を撮ったり、交流することができます。

4.ピアプロファン雪像

ユーザー作品募集企画「ピアプロファン雪像」(募集終了)に寄せられた個性豊かなバーチャル雪像を場内に展示します。

■物販情報

スノードームイルミネーション内のかまくら型ショップなどでは、その場ですぐ出して遊べる、趣向を凝らしたバーチャルアイテムを多数販売します。前回好評を博したポージング可能なデジタルフィギュア類では、「雪ミク(SNOW MIKU 2021 Ver.)」や「東雲めぐ-冬バージョン」、そして可愛くデフォルメ化された初音ミクと東雲めぐの SDフィギュアなどが新たにラインアップに加わります。
このほかにも、ワールド内を自由に飛行できる「ラビット・ユキネ VR ドローン」や雪玉が作れる「雪合戦グローブ」、前回の MIKU LAND で期間限定でプレイ可能だった「Rhythm Game」(全3曲収録:ミクランドのテーマ曲『Happy Coaster』、『メランコリック』、『Day&Night』)など、ギミック豊富なバーチャルアイテム(VCI)がショップに登場します。昨夏開催の『MIKU LAND GATE β』で販売されたグッズも一部再販予定です。

■さっぽろ雪まつり連動企画

新型コロナウイルスの影響でオンライン開催が決まった「さっぽろ雪まつり 2021」との連動企
画として、同イベントで準備中の雪ミク雪像(SNOW MIKU 2021 バージョン)を MIKU
LAND 内でも再現します。また、スノードームイルミネーション内のかまくら型ショップでは、今回の雪まつりの情報や雪像の写真展示も行います。

【イベント概要】

■イベント名:MIKU LAND β SNOW WORLD 2021
■開催日:2021 年 2 月 6 日(土)12:00~2021 年 2 月 7 日(日)22:00
■本会場:バーチャルキャスト(PC+VR デバイス)
https://virtualcast.jp/
サブ会場:HoloModels(iOS/Android 対応)
※HoloModels での入場は一部のワールドと機能に限定されます。
https://gugenka-marketplace.jp/holomodels/
■入場:無料
■主催:株式会社バーチャルキャスト、株式会社 Gugenka
■協力:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社
■ワールド設計:東海林健建築設計事務所
■公式サイト:https://mikuland.com/2021snow/
■公式 Twitter:https://twitter.com/Mikuland_info
■ハッシュタグ:#ミクランド

【「初音ミク」とは】
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社が開発した、歌詞とメロディーを入力して誰でも歌を歌わせることができる「ソフトウェア」です。大勢のクリエイターが「初音ミク」で音楽を作り、インターネット上に投稿したことで一躍ムーブメントとなりました。「キャラクター」としても注目を集め、今ではバーチャル・シンガーとしてグッズ展開やライブを行うなど多方面で活躍するようになり、人気は世界に拡がっています。
公式サイト https://piapro.net
※「鏡音リン」「鏡音レン」「巡音ルカ」「MEIKO」「KAITO」もクリプトン・フューチャー・メディア株式会社が展開するバーチャル・シンガーです。

【「雪ミク」とは】
「雪ミク」は、北海道を応援するキャラクターです。2010 年の『さっぽろ雪まつり』で”真っ白い「初音ミク」の雪像”を作ったことをきっかけに誕生し、それ以来「雪ミク」が主役のフェスティバル『SNOW MIKU』が毎年北海道で開催されています。「雪ミク」に着せる衣装デザインは、毎年様々なテーマに沿ってインターネット上で広く募集したものとなっており、クリエイターの皆さんとともに北海道を応援しています。
公式サイト https://snowmiku.com

【AR/VR で楽しめるデジタルフィギュアサービス「HoloModels」】
スマートフォン、PCVR などクロスデバイスで、人気アニメやキャラクターのポーズ稼働が可能な AR デジタルフィギュアサービス(AR/VR 対応)です。さらに、スマートフォンだけでバーチャルな空間の回遊も可能で、展示会やイベントを手軽に楽しむことができます。

【バーチャルキャスト】
バーチャルキャラクターになったユーザーが VR 空間のスタジオでリアルタイムにコミュニケーションできる VR ライブ・コミュニケーションサービスです。ニコニコ生放送やYouTube などの配信サービスを介してスタジオを公開したり、複数人のユーザーが遠隔地から同時に同じスタジオに集まってコミュニケーションを楽しむことができます。
公式サイト:https://virtualcast.jp/

人気記事

コープさっぽろがDXで目指すもの

すでに、沢山のシステムを有するコープさっぽろが、 DXに乗り出すきっかけと、 現状、そして目指す姿を お伝えしていきたいと思います!

札幌市教育委員会のGIGAスクール構想

札幌市教育委員会のGIGAスクール構想について、担当の方へインタビューをしてまいりました!児童・生徒1人1台PCがいよいよ来年に迫ってきています!札幌市では、どのように進んでいるのでしょうか?

新陽高校がDXで創り、得たモノ

5月某日、 協会長の入澤からこのような連絡が届きました。 「新陽高校のIT授業が、素晴らしくて、 感動した。多分、日本でも有数だと思う。 全員Chromebook持ってるらしい・・。」Mikketa!!取材に行ってまいりました!!!!

IT企業が、蜂蜜を作りクラフトビールに!

『恵和ビジネス社屋ビルの屋上で採取された蜂蜜を用いて作ったお酒、その名も「恵和ビル本社ビルの屋上で採れた蜂蜜ウィートエール」が完成』屋上で蜂蜜?それをビールに??不思議なプレスリリースを「みっけた!」ので 皆様にもご紹介をさせていただきます!

北海道IT推進協会 入澤会長インタビュー

北海道IT推進協会会長の入澤さんに、なぜ今メディアを立ち上げるのかそしてSNS広報に力を入れるのかについてお話を伺ってきました!

Related Stories